2018/09/26

『振り返れば奴がいる』 秘話






ただいまフジテレビでは
『東京ラブストーリー』 を
再放送しているそうですが


わが熊本(TKU)では

『振り返れば奴がいる』

が放送されています。


再放送としては
こっちのほうがレアな気がする。(笑)




180926.jpg




このドラマはその後に続く
シリアスな医療ドラマの原点のような作品で
当時は織田裕二と石黒賢による
ヒリヒリした対立が話題でした。

ものすごく面白かった記憶があるんだけど
リアルな最近のドラマに比べると
病院の設定なのにセットが異様に簡易で
舞台っぽいです。

三谷さんだからですかね。

あと、そういえば患者のことを
「クランケ」って言ってましたね、昔。

そういうのもなんか懐かしい。


で、今日はどうしてイラストじゃなくて
写真を使ったのかというと


わたしが作ったからです。 (笑)








*続きの前にポチッとお願いします*

テレビ・ラジオランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
にほんブログ村









当時わたしは駆け出しコピーライターとして
テレビ番組の広告をたくさん作ってました。

その後会社を辞めて海外に行ったのですが
1年で帰国してコピーライターに戻るつもりだったので
そのために資料や作品をファイルに保管しておいた。


というわけで今ここに
『振り返れば奴がいる』
の広告も残っているわけですが

このドラマは広告を作る時点で
登場人物の生い立ちとか性格、
相関図などを詳細に記した
分厚い企画書を渡されて

この世界観で作って!!
とリクエストされたのを覚えています。

普通は紙ペラ1枚とか
プロデューサーの脳内だけに広がっている
イメージを一生懸命聞きだすので
これは異例のスタイル。


なのでその企画書を読み込んで
自分なりに想像したドラマの世界に
ドップリはまりながらコピーを書きまくり

そこから書いては却下、
また書いては却下、というのが
延々と何100本も続き
ようやくキャッチコピーが決定するわけです。


が!


あんなに細かく設定されていたのに
ドラマが始まってみたら
ぜんぜん違うじゃん!! ( ´△`)

あの世界観どこ行った!?

という
たいへん印象深い作品。


21世紀のみなさんにも
楽しんでいただけるかしら。




\  SNSでみんなに教えよう! /
\  THE KINAKO TVの最新記事が届くよ! /

コメント

非公開コメント

bitter or sweet

なんと!
きなこさん、素晴らしい経歴の持ち主だったのですね。
常日頃、きなこさんの言葉の選び方がステキなだなあと思ってましたが。

このドラマも辛口の社会派な印象で好きでした。主題歌のCHAGE&ASKAの「YAH YAH YAH」もかっこよかった!

脚本は三谷さんだったんですね!
Wikipediaによると、現場でシナリオがどんどん変えられたとか。作品になったときに全く違うものになっていたのは、そのせいなのかなあ?
テレビの世界って恐ろしい。
まさにbitter or sweetですね!